建物にとって命取りは雨漏りです!


防水性能に頼り切った現在の建物構造ですが、防水性能を超える雨水に見舞われたり、劣化により防水機能が失われたりして雨漏りが発生するケースが新築住宅であっても散見するようになってきました。

建物維持の観点からも雨漏りを放置していていいことはありません。普段から気を付けたいですね。


窓、サッシ廻りからの雨漏り

雨漏りを放置すると‥‥急速に建物腐朽を進行させるので、早急に対処が必要です

雨漏りを放置すると、建物の内部の腐食を進行させてしまうので、早急に対処する必要があります。

 

雨漏りの原因

 

屋根の壊れた部分・・・台風・地震や経年劣化などで瓦のずれ、屋根材のヒビ

 

ベランダのヒビ・・・人の出入りがある分、防水塗膜が擦り切れやすく、ヒビなどのダメージが屋根や外壁よりも早くあらわれます。

 

さらに、ベランダにある排水口が詰まっていると雨水が流れていかず、小さなヒビなどから建物の中に侵入してくる場合もありますので、要注意です。

 

サッシ枠と防水シートの隙間・・・経年劣化によるひび割れや縮んだシーリングのわずかな隙間から雨水が浸入してくる場合があります

 

給排水管・・・給排水管もサッシ枠と同じように外壁と防水シートを貫通しているので、そこに隙間があると雨が浸入する原因となります。

 

天窓・・・10年前後を目安にコーキングが劣化してひび割れ、縮み(塗り替えが必要です)

 

 

実は雨漏りの原因を探るのは難しいです。

 

雨漏りとは、雨水が建物のどこかから漏れ出し内部に滴り落ちてくること

 

昔は雨漏りと聞くと、屋根が多かったかもしれませんが、現在の建物工法では高気密化が図られ、防水シートやコーキングの性能、

 

外壁塗装などに頼った雨仕舞が行われており、屋根材や工事技術の開発もあり、屋根よりもむしろ壁や窓のサッシ廻り、

 

壁を貫通する給排水管の隙間、壁貫通のエアコンの室外菅から水が浸入するケースも少なくありません。

 

一度に複数個所からの雨漏りが起こりうる事もあります

 

屋根をつたって滴り落ちてきた雨が壁の欠損箇所から侵入してきた場合、その侵入箇所と内部で沁みができている箇所が離れている場合が多く、専門知識があってもなお欠損箇所の特定はとても難しくなります。

 

一度壁内に雨水が侵入しても必ず室内に出てくるとは限らず、壁内部を通って建材が水分を吸収し内部からの腐りの原因になりかねるので注意が必要です。

 

さらに、水が滴り落ちた箇所はあるにもかかわらず、どこにも外部に欠損箇所が見つからず、

 

 

最終的に雨漏りではなく建物内部配管からの「漏水」または高気密化された住宅での通気不足による「結露」が原因だったというケースもあるそうです。

 


 

雨漏りの発生をさせない為にも屋根、外壁、ベランダ、サッシ廻りなどのチェックをこまめにする事が大切です。

 

屋根材のズレやヒビ割れ、コーキングのヒビや剥がれ、痩せなどを見つけたら早めの修理で修理費用を抑える事と建物を長持ちさせる事ができます。

 

 

雨漏りをしている可能性があれば、早めに雨漏り診断ができる当社へご相談することをお勧めします