トイレは10年ほどで故障や不具合が出てくる?!最近のトイレ事情とは?!


今回のお話は「トイレは10年ほどで故障や不具合が出てくる⁈」という最近のトイレ事情です。

毎日つかう設備ですので注目していきたい話題ではないでしょうか。

詳しくは下の記事に続きます。

日本発世界標準化されるピクトグラム トイレのパネル表示

新品交換、節水タイプで水道代を節約!10年先を見越した備えを

 

家庭用のトイレは、新築の場合なら短くみても10年は十分に使用に耐えることができる住宅設備ですが、

 

10年を過ぎると、故障や、不具合が出てくる場合が多いようです。

 

便器自体の寿命は長いですが、温水洗浄便座(ウォシュレット)の不調やゴムパッキンなどを含んだ

 

トイレタンクの部品の故障が先に起こることがほとんどです。

 

また、トイレが流れにくい、タンクの継ぎ目から水漏れする、排水部分から水が浸み出ている、といったトイレの不具合が起きると、

 

 

たいていのお客様は、まず修理をご検討されるようですが、思い切って、新品交換をした方が結果としてお得な場合が多いようです。

 

その場合は10年使うことを考えて最新の節水型トイレに取り換えると水道代もかなり節水ができるようになります

 

つまりはトイレ業界も日々進化しています。

日本発世界標準化?ピクトグラムとは…

 

つい先日も、水回り住宅設備メーカーの業界団体、日本レストルーム工業会(名古屋市)が、

 

トイレの操作パネルのピクトグラム(絵記号)を統一すると発表しました。

 

もともと1964年の東京五輪にて男女のトイレをシルエットで示す絵記号が生まれ、他国にも広がったようです。

 

 

2020年東京五輪を控え、新しい統一記号でも世界標準をめざし、各社も海外販売に弾みをつけることを目指しているようです。

 

操作パネルの統一化で世界展開を企てる各社

 

操作パネルの表示は各社が独自に表現していましたが、日本で初めて目にする外国人のなかには

 

「使い方が分からない」と戸惑う例も多かったようです。

 

温水洗浄便座は1967年に伊奈製陶(現LIXIL)が初めて国産品を発売した。

 

欧米では医療用として使われていましたが、日本で独自に進化しました。

 

海外普及率はまだ低いが国内普及率は8割超え

 

国内では2016年に家庭普及率が8割を超えましたが、海外では遅れているようです。

 

日本工業会が米国・英国・シンガポールで実施した調査では普段使っている人は3.6%にとどまり、

 

ただ認知率は7割を超え、需要の高まりなど海外の伸びしろは大きいと予測しています。

 

TOTOは世界80カ国以上で自社製品を販売し、2016年度は2012年度比2.5倍の販売を見込んでおり

 

世界共通の絵記号を販売拡大につなげていくようです。LIXILも2016年秋に欧州市場に参入しました。

 

政府は2020年に訪日客4000万人をめざしています。東京五輪に向けた公共施設などのトイレの刷新や新設は相次ぎ、

 

訪日客らの製品評価が各社の世界展開にも影響を与えそうです。

 


今回のお話はいかがでしたでしょうか?トイレの世界一つ見ても各企業が2020年東京五輪を契機に世界展開を目指した取り組みを

日夜励んでいるのが覗えましたね。

私たちの生活にも少なからず影響が徐々に出てくるかもしれませんね。