バリアフリーの家を考える


今回のお話は「バリアフリーの家を考える」です。普段健康に過ごされている方でも介護が必要になった場合を想定した

備えをしておくことは大切です。ユニバーサルデザインのバリアフリーという考え方を上手に取り入れた住まいを検討してみるのも

良いかもしれません。詳しくは以下に続きます。

バリアフリーを住まいに取り入れる

将来の事を考えてバリアフリーの間取りを取り入れる

 

親が高齢になってくるとお家の中のリフォームを考えなくてはいけません。

 

高齢になってからの歩行困難や寝たきりになる原因の一つが屋内での転倒事故です。

 

屋外での活動中よりも室内の床滑りなどで転倒し、歩行困難や寝たきりになるなどして

 

車椅子や介助の必要な生活になる場合が多いようです。

 

これから家を購入の際には将来の事を考えてバリアフリーの間取りを決めると良いかもしれません。

 

それぞれの設備としてあると嬉しいモノ

 

 

1.トイレ

 

トイレは寝室のそばに配置し出来れば広めにつくる

 

体が思うように動かなくなったとき、ヒートショック(温度差による心臓麻痺などの身体的トラブル)が気になる季節になったとき、

 

寝室の側にトイレがあるのは利用者にとても嬉しく優しい造りです。

 

またトイレ・洗面・入浴がひとつの線で結ばれている一連の動線は、高齢者になってからも住みやすい家となります。

 

トイレや浴槽には手すりを設けて、車椅子でも使えるトイレとして少し広めに作っておくと、介護をする方にとっても嬉しいものです。

 

2.洗面台

 

洗面台を作るとき、高さに注意してください。

 

健康な方が立って使用するのによい高さと、車椅子生活になった方が座った状態で使いやすい高さはかなり異なります。

 

最初から車椅子生活を想定した高さで作っておくのはいかがでしょうか。健康な大人には少々低いかもしれませんが、

 

お子様や高齢者・車椅子の方にはとても便利になります。

 

洗面台の下部にも工夫を凝らす事ができます。車椅子のまま洗面台に近づけるよう、

 

下部の収納スペースを取り払った洗面台が便利です

 

3.リビング

 

■テーブルの高さ

 

テーブルに車椅子のまま入れる高さは約70センチが目安です。一般的なテーブルも同じく約70センチですが、

 

車椅子のサイズによっては入れないこともありますので、高さ調節のできるタイプのテーブルを選ぶと良いでしょう。

 

■畳敷きの小上がり

 

リビングの一部に畳敷きの小上がりを作り、そこにテーブルを寄せられるよう工夫するのはいかがでしょう。

 

ちなみに車椅子と小上がりとの差が小さいほど移動が楽になります。

 

小上がりがあると、ご高齢の方が食事中に疲れたとき横になることもできますし、お子さんのお昼寝やお遊びの場所にもなります。

 

4.廊下

 

車椅子の通行ができる幅、最低でも廊下の幅は90センチが必要です。

 

ただ、あくまでも進むだけ・戻るだけの「一方通行」のケースであって、

 

もしも廊下で方向を変える(回転する)ことまでを考えれば150センチ以上が必要です。

 

将来は手すりをつけたいと考えているのであれば、それを見越して壁に手すり用の「下地」を入れておくとよいでしょう。

 

リフォーム時に大掛かりな工事にならずにすむようです。

 

5.玄関

 

玄関にはスロープを作っておく

 

家の内と外をつなぐ玄関部分も、高齢者になってからも住みやすい家とするための大切なポイントです。

 

杖をついて歩くとき、階段はとても怖いものとなります。

 

また、段があれば車椅子での出入りはとても難しいものになります。

 

最初からスロープをつけておけば、ご高齢の方のみならず、妊婦さんやお子さんにも安心ではないでしょうか。

 

6.浴室

 

浴室は介護者と一緒に入れる広さとバスタブや床は滑りにくい素材を選びたいものです。

 

 

車椅子生活になったときのために、シャワー用車椅子で直接入れるように間口を広くとっておくこともよいと思います。

 

段差の解消 玄関にスロープを付ける

 

最初からバリアフリーにする、もしくは将来のバリアフリー化を見越した家づくりも考えてみてはいかがでしょうか。


今回のお話はいかがでしたでしょうか?そんなに遠くない将来を見越した住まいづくりを考えてみる良い機会ではないでしょうか。

ご参考になさっていただけると幸いです。