2019 年7月度の不動産相場について


2019年7月度の不動産相場について東日本レインズから不動産流通市場動向が発表されていましたのでお知らせします。

2019年7月度不動産流通市場動向 中古マンション
首都圏中古マンション7月の成約件数およし価格等の動性
成約件数 一都三県

2019 年7月度の不動産流通市場動向が発表されました

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年7月度の不動産流通市場動向が発表されました。

 

このレポートは、東日本レインズに登録されている物件情報の月次集計結果である月例速報マーケットウオッチの中から

 

首都圏(一都三県)における不動産流通市場の動きについて抜粋・ようやくし解説したものです。

 

以下、首都圏エリアの中古マンション地域別成約㎡単価の部分を抜粋しました。詳細は下記リンクをご覧ください。

 

2019年7月度制約㎡単価の前年同月比 一都三県(東京・千葉・埼玉・神奈川)

東京都

 

7 月の東京都区部は77.53 万円/㎡と前年比で4.1%上昇し、7 ヶ月連続で前年同月を上回った。

 

多摩は37.76 万円/㎡と前年比で8.4%下落した。

 

都心部を中心に上昇傾向は続いており、その外郭部では下落傾向が継続中です

 

神奈川県

 

7 月の横浜・川崎市は47.77 万円/㎡と前年比で2.7%下落し、6 月に続いて前年同月を下回った。

 

神奈川県他は30.64 万円/㎡で、前年比はマイナス0.3%とほぼ横ばいであった。

 

埼玉県・千葉県

 

7 月の埼玉県は31.55 万円/㎡と前年比で1.5%上昇した。千葉県は27.96 万円/㎡で前年比マイナス0.8%と、

 

ほぼ横ばいながら4 ヶ月連続で前年同月を下回った。

成約㎡単価 一都三県一覧表

公益財団法人東日本不動産流通機構

 

『月例報告 Market Watch サマリーレポート 2019年7月度』

 

http://www.reins.or.jp/pdf/trend/mw/mw_201907_summary.pdf

 

家を持っている方も、これから買う方も、常に不動産相場は確認しておくようにしましょう!

 


新築戸建て住宅や土地の動向および各物件の地域別・価格帯別状況など詳細内容については、月例速報マーケットウオッチの

 

データ編に記載した数表をご参照ください。