海外の玄関ドアは内開き 日本はなぜ外開きなのか?


今回のお話しは「日本と海外での玄関ドアの開き方の違い」についてです。

 

普段あまり気にはしませんが、意外と違いが生まれた理由に興味深いものがあると思います。

 

詳しくは以下の通りです。

疑問、どうして海外の玄関ドアは内開き、日本はなぜ外開きなのか?

日本と海外でドアの開き方の違いがあるってどうしてなの?

 

家屋の玄関扉一つをとっても国によって文化的な違いが出て来ます。

 

今では日本でも引き戸よりドアが一般的ですが、元来ドアを使ってきた欧米などが内開きなのに対して日本では外開き。

 

 

この違いはなぜなんでしょうか?

 

海外(特に欧米)のドアが内開きなのは、防犯上の理由から

海外の一般的なご家庭の玄関ドアは皆内開きですが、それは防犯上の理由からです 侵入者排除のバリケードの役割があります
玄関からの不審者の侵入を弱い力でも防ぐことが出来るから

 

まず、海外(特に欧米)のドアが内開きであることの理由ですが、これは防犯上の理由からだといわれています。

 

不審者が無理やり住居の中に入ってこようとしたとき、内開きのドアなら全体重をかけてドアを押して閉め、

 

さらに家具を立て掛けるなどすれば、侵入を防ぐことができるからです。

 

日本ではなぜ外開きなのでしょうか?

靴を脱ぐ文化の日本、狭い玄関という住宅事情から外開きに
玄関スペースが狭いのが理由です

 

では日本ではなぜ外開きなのでしょうか?

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、もっとも大きな理由は、日本では玄関で靴を脱ぐ習慣があるからです。

 

防犯よりも靴を脱いで家に上がる習慣の方が重要だった、ということ

防犯よりも靴を脱ぐスペースを確保する方が重要視されていた時代の名残
防犯よりも靴を脱ぐ習慣を優先したから

 

もし内側にドアが開いてしまうと、脱いだ靴などが邪魔をして開閉がとても不便です。

 

履物がドアに挟まれて開閉が出来なくなったり、お気に入りの靴が潰されてしまうこともあるでしょう。

 

たたき(履物を脱ぐ場所)が狭くなり、靴を脱ぐことも難しくなりますね。

 

そこで、限られた玄関のスペースを最大限に利用する考えから外開きのドアになったといわれています。

 

また一方で、ドアに付着した雨やホコリなどのゴミも、外開きにすることで室内への侵入を防ぐことができます。

 

雨が続いたり台風がやってくる日本の気候からも理に適っているといえます。

 

欧米で防犯が理由とされたのに、日本ではあまり大きな理由とならなかったのは、

 

ドアが普及した頃の日本の文化が関係しているのかもしれません。

 

かつては玄関に鍵をかけることなく出かけ、また近所の誰もが気軽にお邪魔するのが当たり前でした。

 

そうした「安全」が前提のころには、防犯よりも靴を脱いで家に上がる習慣の方が重要だった、

 

ということかもしれません。

 

緊急時の通路確保を必要とする施設などは古くから外開きでした
ドアが普及する前は引き戸玄関がほとんどでした。

日本でも古くから内開きを採用した場所がありました

 

ちなみに日本でも違う理由で古くから内開きのドアを採用している例があるのをご存知でしょうか?

 

それは公共のホテルやオフィスビルなどです。

 

これは罹災時に緊急避難経路の妨げにならないよう通路側にはドアが開かないようにしているそうです。

 

 

ドアの開き方ひとつにも、それぞれ深い理由があるんですね。

 


今回のお話しは「日本と海外のドアの開き方の違い」についてでしたが、いかがでしたでしょうか?

 

文化の違いだけでなく、生活の合理性による変化で違いが生まれてきたことに興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?

 


当社、株式会社グッドワンでは、川口・蕨・さいたま市エリアで不動産業(売買、仲介)・建設業(新築分譲、注文住宅、

 

リフォーム)・各種検査業務(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)を中心に営業しています。

 

川口・蕨・さいたま市の新築戸建・中古戸建・土地の売買、仲介のご相談は失敗しない不動産購入・売却の

 

さいたま東浦和不動産情報館にお任せください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンでは、

 

物件探しに、AIの「物件提案ロボ」をお客様が無料でご利用できます。

 

また、気になる物件がございましたら、グッドワンにご相談下さい。実際に、物件調査、ご案内、施工チェック、ローン審査、

 

周辺施設の情報収集などをさせていただきます。「物件提案ロボ」をお気軽にお試しください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンが、安全・安心・快適な住宅の購入・売却のお役に立てます。

 

また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物のチェックをします。

 

また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、

 

行っておりますので、ご興味のある方は、お声掛け下さい。いかがでしたでしょうか。

 

当社、株式会社グッドワンでは、川口・蕨・さいたま市エリアで不動産業(売買、仲介)・建設業(新築分譲、注文住宅、

 

リフォーム)・各種検査業務(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)を中心に営業しています。

 

川口・蕨・さいたま市の新築戸建・中古戸建・土地の売買、仲介のご相談は失敗しない不動産購入・売却の

 

さいたま東浦和不動産情報館にお任せください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンでは、

 

物件探しに、AIの「物件提案ロボ」をお客様が無料でご利用できます。

 

また、気になる物件がございましたら、グッドワンにご相談下さい。実際に、物件調査、ご案内、施工チェック、ローン審査、

 

周辺施設の情報収集などをさせていただきます。「物件提案ロボ」をお気軽にお試しください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンが、安全・安心・快適な住宅の購入・売却のお役に立てます。

 

また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物のチェックをします。

 

また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、

 

行っておりますので、ご興味のある方は、お声掛け下さい。