· 

賃貸物件を一般住宅にリノベーション⁉ 「間取り変更+用途変更」


 

今回ご紹介する『賃貸物件を住宅へリノベーション⁉ 「間取り変更+用途変更」』

 

というお話は、住居でない賃貸物件でもリフォームで、住宅ローンも使える住居として蘇るというお話しです。

 

詳しくは、以下の通りです

間取り変更と用途変更で賃貸物件を一般住宅へリノベーションです
賃貸物件を一般住宅へリノベーション、間取り変更と用途変更で住宅ローンも使える住居へ蘇りました

賃貸物件を住宅へリノベーション⁉ 「間取り変更+用途変更」

賃貸物件を住宅へリノベーション⁉ 「間取り変更+用途変更」

 

間取り変更や外壁工事などの大掛かりなリフォームでしたが、リフォーム費用は大幅に圧縮しました。

 

1階が2DK、2階がワンルーム2戸という古い賃貸物件でした

 

お客様が購入したのは、1階が2DK、2階がワンルーム2戸という古い賃貸物件でした。

 

利便性がよい立地条件でしたが、昭和51年築という古い賃貸物件の影響か、価格も相場よりもお買い得な物件でした。

 

賃貸物件は用途が住居でないため、住宅ローンを組むにあたって用途変更登記が必要になります

 

現況で若干建ぺい率・容積率オーバーだったため、減築工事を実施、用途変更登記も行いました

 

リフォーム予算は最小限に抑える

 

築年数の割に劣化があまりなく、耐震補強や間取り変更・外壁塗装など大掛かりなリフォームを行いながらも、

 

使用する部材などを厳選し、また利用できる住宅設備はそのまま利用するなど工夫したので、

 

リフォーム予算は最小限に抑えることができました。

 

建ぺい容積オーバーを吹き抜けを取り入れてカバー 開放感のあるリビングになりました
建ぺい容積オーバーを2階の部屋を一つ潰して吹き抜けに開放感が演出されました

大きな吹き抜けのある開放感溢れるリビングルームになりました。

外壁の劣化部分も塗装工事の際に同時に補修して美しく生まれ変わりました
外壁の劣化部分も塗装工事の際に同時に補修して外観も美しく生まれ変わりました

間取り変更&用途変更で3LDKへリノベーション。 外観もきれいになりました。

壁量の不足部分は適切に耐力壁を追加して耐震改修しました
耐力壁を必要な場所へ配置して耐震改修

必要な耐震改修はもちろん実施しました。

耐震改修工事施工図 耐力壁の配置バランスを考慮して改修工事を施工しました
耐震改修工事施工図 耐力壁の配置バランスを考慮して改修工事

今回の『賃貸物件を住宅へリノベーション⁉ 「間取り変更+用途変更」』という

 

お話しは、いかがでしたでしょうか。

 

当社、株式会社グッドワンでは、川口・蕨・さいたま市エリアで不動産業(売買、仲介)・建設業(新築分譲、注文住宅、

 

リフォーム)・各種検査業務(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)を中心に営業しています。

 

川口・蕨・さいたま市の新築戸建・中古戸建・土地の売買、仲介のご相談は失敗しない不動産購入・売却の

 

さいたま東浦和不動産情報館にお任せください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンでは、

 

物件探しに、AIの「物件提案ロボ」をお客様が無料でご利用できます。

 

また、気になる物件がございましたら、グッドワンにご相談下さい。実際に、物件調査、ご案内、施工チェック、ローン審査、

 

周辺施設の情報収集などをさせていただきます。「物件提案ロボ」をお気軽にお試しください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンが、安全・安心・快適な住宅の購入・売却のお役に立てます。

 

また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物のチェックをします。

 

また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、

 

行っておりますので、ご興味のある方は、お声掛け下さい。