· 

都市部で進行するマンション空き家問題~資産になるマンション選び~


今回のお話は「都市部で進行するマンションの空き家問題」です。

 

えっ⁈都心部で?なんて声も聞かれそうですが、現実的に起きている極めて深刻な現象です。

 

詳しくは以下にご説明しておりますので、ご参考になさってください。

都市部で進行するマンション空家問題

意外にも東京の中心部に進行する空き家問題について

 

日本は極端な少子高齢社会に世界で一番に突入しています。人口減少とそれにともなう空き家問題は深刻化してきており、

 

これから家を買う方にとって、非常に重要な問題となります。

 

資産になる住宅購入を行うには、これらの社会現象についても理解を深めておく必要があります。

 

今回は人口減少とマンションの空き家問題についてご説明いたします。

 

人口が急減し、日本から働き手がいなくなる

 

国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、2030年の日本の人口は1億1660万人と予測されています。

 

現在よりも1000万人、約9%の減少です。

 

9%と言われてもあまり実感がないかもしれません。しかし、現在の東京都23区の人口は約907万人です。

 

ということはこの10年と少しの間に東京都23区の人口に匹敵する人々がこの国から消滅してしまうのです。

 

人口減少問題を生産年齢人口の数でカウントすると事態はさらに深刻となります。

 

2030年、日本の生産年齢人口は6773万人、現在と比べて1000万人、13%もの減少となります。

 

つまり日本から次世代を支える働き手がいなくなるのです。

 

働き手が減るということは、家を買う人もまた大幅に減少してしまうのです。

 

人口減少と高齢者の割合
生産年齢人口数の減少が進行中

実は東京は空きマンションだらけ

 

平成25年度総務省「住宅・土地統計調査」によると、日本全国の空き家数は820万戸、東京都の空き家は約81万戸に及びます。

 

このうち約64%はマンションです。内訳は「賃貸用」が約42万戸、「個人住宅」が約6万戸ですが、

 

「個人住宅」の空き住戸を東京23区で絞ってカウントすると約5万戸。

 

多くの空き住戸が都心部に集中していることがわかります。

 

実際に東京都の空き家総数の約72%が23区内に存在し、その内訳は「賃貸用」であっても「個人住宅」であっても実態は変わりません。

 

マンション空き家問題は意外にも東京の中心部に巣食っている現象なのです。

 

そしてマンションの世帯主の7割以上が50歳以上で人も建物も高齢化しているという現実が空き家問題をさらに深刻化させています。

 

マンション空き住戸の分布 
マンション空き住戸は東京を中心に増加傾向に

マンション選びは「立地」が一番!将来にわたって人が集まる町を選びましょう

 

マンション空き家問題の行き着く先は管理不全によるマンションのスラム化です。

 

早稲田大学小松幸雄教授の調査によると、鉄筋コンクリート造のマンションの寿命は68年とされています。

 

これは適切な維持管理がなされることが前提です。

 

マンション住人の高齢化に伴い、管理費・修繕費の未納問題が顕在化、大規模修繕がままならず、

 

マンションがスラム化する…これは悲観的な予測ではなく、地方都市ではすでに顕在化している問題なのです。

 

 

スラム化したマンションの資産性はゼロです。いわゆる”ババ抜きのババ”となってしまうのです。

 

グッドワンでは資産になる住宅の購入をおすすめしてます

 

空き家が増えるということは、買い手にとっては選択肢が増えることになります。一見「お得」に見える物件も出始めています。

 

しかし、マンションは「価格」だけで判断してはいけません。周辺相場と比較して高い場合も安い場合も

 

その価格の理由を探ることが大切です。

 

グッドワンでは資産になる住宅の購入をおすすめしています。

 

10年後、20年後、マイホームとしての役目を終えた時に、資産となるマンションなのか、

 

単なる負債でしかないのかは、すべて「立地」で決まります。

 

人口減の時代にあっても人が集まる街選びが不動産購入で最も大切なことなのです。

 

建物の老朽化と住民の高齢化2つの老い問題を抱えるマンション
高齢化するマンション世帯と老朽化するマンションこれからの取組みが課題山積

 

今回の「都市部で進行するマンションの空き家問題」についてはいかがでしたでしょうか?

 

地方では都心部へ人口流失して過疎化が加速しているにもかかわらず、都心部では住人の受け入れ先である住戸の空き家問題が

 

発生進行中であるという現実。大変に興味深くまたショッキングな内容であったと思います。

 

これから先、ますます住まい探しの選択をする際に選定先としてどこを選ぶのかが重要になってきています。

 

当社、株式会社グッドワンでは、川口・蕨・さいたま市エリアで不動産業(売買、仲介)・建設業(新築分譲、注文住宅、

 

リフォーム)・各種検査業務(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)を中心に営業しています。

 

川口・蕨・さいたま市の新築戸建・中古戸建・土地の売買、仲介のご相談は失敗しない不動産購入・売却の

 

さいたま東浦和不動産情報館にお任せください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンでは、物件探しに、AIの「物件提案ロボ」をお客様が無料でご利用できます。

 

また、気になる物件がございましたら、グッドワンにご相談下さい。実際に、物件調査、ご案内、施工チェック、ローン審査、

 

周辺施設の情報収集などをさせていただきます。「物件提案ロボ」をお気軽にお試しください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンが、安全・安心・快適な住宅の購入・売却のお役に立てます。

 

また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物のチェックをします。

 

また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、

 

行っておりますので、ご興味のある方は、お声掛け下さい。