· 

建物の構造に関する基準として耐震等級というものがあります。


 

今回ご紹介する『建物の構造に関する基準として耐震等級というものがあります。』

 

というお話は、耐震等級と耐震診断のちがいについてお話しです。詳しくは、以下の通りです

耐震等級と耐震診断のちがい
想定地震に対する耐久度

建物の構造に関する基準として耐震等級というものがあります。

建物の構造に関する基準として耐震等級というものがあります。

 

今回は、耐震等級と耐震診断の違いのお話です。

耐震等級3が最高等級

耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、… 耐震等級3が最高等級となります。

 

耐震等級1(*数百年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)地震に対して、倒壊・崩壊しない。

 

 *数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損傷しない。 )と同程度の建物 

 

耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる 

 

耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

 

耐震等級1の基準が、建築基準法と同等となり、現在、建築できる最低基準となります。

 

震度6~7程度の地震に対して倒壊や崩壊はしませんが、 損傷の可能性はあると言うことです。 

 

ちなみに 長期優良住宅には耐震等級2相当以上の強度が求められます

 

現行の耐震基準で耐震性の有無を確認

耐震診断は 既存の建築物で旧耐震基準で設計され耐震性能を保有していない建物を、

 

現行の耐震基準で耐震性の有無を確認することです。

 

極めてまれな大規模地震に対して、建物の倒壊する可能性がどの程度あるのか、建物の状況を調査した上で計算を行い、

 

耐震性をお知らせするものです。

 

現行の耐震基準を満たすメリット

そこから耐震改修工事をして耐震基準を満し耐震基準適合証明書を発行することが可能な場合は、

 

住宅ローン減税 登録免許税の減額 不動産取得税の減額 地震保険の割引 などのメリットがあります。

 

株式会社グッドワンでは中古住宅でも耐震基準適合証明書、既存住宅売買かし保険が付保できるようにご提案が可能です。 

 

(正し、木造住宅の戸建のみ対応可能です。それ以外は検討させていただきます。) 

 

なにか気になる物件がある場合には、お気軽にお問合せください。

 


今回の『建物の構造に関する基準として耐震等級というものがあります。』という

 

お話しは、いかがでしたでしょうか。

 

当社、株式会社グッドワンでは、川口・蕨・さいたま市エリアで不動産業(売買、仲介)・建設業(新築分譲、注文住宅、

 

リフォーム)・各種検査業務(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)を中心に営業しています。

 

川口・蕨・さいたま市の新築戸建・中古戸建・土地の売買、仲介のご相談は失敗しない不動産購入・売却の

 

さいたま東浦和不動産情報館にお任せください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンでは、

 

物件探しに、AIの「物件提案ロボ」をお客様が無料でご利用できます。

 

また、気になる物件がございましたら、グッドワンにご相談下さい。実際に、物件調査、ご案内、施工チェック、ローン審査、

 

周辺施設の情報収集などをさせていただきます。「物件提案ロボ」をお気軽にお試しください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンが、安全・安心・快適な住宅の購入・売却のお役に立てます。

 

また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物のチェックをします。

 

また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、

 

行っておりますので、ご興味のある方は、お声掛け下さい。