頭が良くなる子供部屋とは?!不動産購入時の参考に!


今回のお話しは「頭が良くなる子供部屋とは⁈不動産購入時の参考に!」というものです。

 

子育て世代の方、お子様のご予定がおありの方はご参考にしていただけると幸いです。

 

詳しくは以下の通りになります。

頭が良くなる子供部屋とは⁉不動産購入時の参考に

頭が良くなる子供部屋とは?!

 

結婚・出産を機に家探しをされる方が多くいます。その際にこれから育つお子さんの事や子供部屋の事で悩まれる方も多いと思います。

 

その為、今回は表題の通り、「頭が良くなる子供部屋とは?!」というテーマで語りたいと思います。

 

「頭が良くなる子の勉強は出来ればリビングでさせたほうがいい?」

 

「頭が良くなる子供部屋の机や照明(色味)、どんなものがいいのか?」

 

「頭が良くなる子にはきちんと片付いた雰囲気でないと、知性の発達にも影響がある?」

 

突然ではありますが、そのような疑問を持ったことはありませんか。

 

子どもが集中して勉強をしたり、家族のコミュニケーションが活発になったりするためには、

 

これから住宅購入をする際に参考となる事がございます。

 

まずは、頭が良くなる子の家は、意外と散らかっている?!

 

あまりにも片付き過ぎている自宅は子供の勉強に悪影響を及ぼすといったデータがあるようです。

 

また、人工的な壁紙を使った部屋は、子どもが落ち着かない原因になることがあり、勉強に集中できないようです。

 

例えばワインレッドのブラインドや黄色い小物を置くなどの風水に凝っているように見える家も、

 

子どもにとって集中できない空間になってしまうようです。

 

ちなみにインテリアへのこだわりが強すぎる家は『頭が良くなる子の部屋としては不適切』な場合があるようです。

 

リビングに豪華なシャンデリアがあるような家はあまりお勧めではないようです。

 

勉強するときに、照明器具の反射光で手元がキラキラする事で勉強に集中が出来ないようです。

 

豪華な調度品が飾られている家では子供も走り回ったりできない為、精神的な抑圧感を受け窮屈な空間となり、

 

あまり生き生きと過ごす事が出来ないようです。

 

それぞれの寝室はともかく、家族全員が過ごすリビングは子供の成長にある程度合わせて

 

「大人仕様にし過ぎない」といった配慮が必要なようです。

 

ちなみにリビングに地球儀はありますか?!

 

もしリビングの中心に地球儀が出してあって、常に話題に中心に使っているような家庭では子供も地理に興味が湧き、

 

しょっちゅう眺めているような子供(頭が良くなる子)になるそうです。立体的に地理情報をとらえる能力が養われます。

 

他にも図鑑が転がっていたり、オセロや将棋などのボードゲームが手に届く範囲に置いてあったりするような家の子は、

 

比較的勉強ができる子が多いそうです。

常に新しく生じた疑問をそのままにせず、調べる・考える・確かめるを繰り返し行える環境があると良いそうです。

 

あと、本棚がリビングにある家は頭が良くなる子の子育てとしてポイントが高いようです。

 

その家の親の読書量の多さ、少なさが推測でき、結果、子育ての中で本を意識した生活が送られる結果、

 

リビングに本棚がある家の子は伸びる傾向が高いようです。

 

読書量は語彙力に反映されますし、どんどん本が増えていくような家庭でリビングにあふれている家

 

間違いなく頭の良い子供が育つ環境となっているようです。

 

子供の成長に合わせた本棚の整理の仕方も重要

 

あと注意が必要な事として、年齢によって本の配置換えも重要になってくるようです。

 

高校生なのに中学時代の参考書を片付けていないとか、読んでいる内容が幼い、

 

例えば小学生向けの本が大きくなってもまだ置いてあるようなご家庭は子供の成長をストップさせてしまうようです。

 

その為、お子さんの成長に合わせた本棚の整理の仕方も重要なようです。

 

 

色の性格を活用してみると頭が良くなる子の子育てにつながる

 

あと色には性格がある。という事を意識されると頭が良くなる子の子育てにもつながりそうです。

 

色の研究によると、同じ大きさの球を見ても黒は白の2倍の重さに見えます。

 

黒は重さを感じさせる色である事はおおくの方が把握されていると思います。

 

また、赤は興奮させる色で、結婚式場や人が集まるような場所によく使われます

 

国会議事堂の絨毯も赤色ですし、国会中継の際に記憶にも残り易い色だと思います。

 

一方、青やグレーといった寒色系は気持ちを落ち着く色です。

 

子ども部屋にも色の性格を活用してみると頭が良くなる子の子育てにつながると言われます。

 

赤、ピンク、オレンジなどの暖色系は精神を興奮させる作用があって、色とりどりの花柄のカーテン等を配置すると、

 

子どもは外に出たくなってしまうようです。その為、青系やグレーの絨毯やカーテンに変えると、

 

落ち着いて本を読んだり勉強をするようになります。

 

いろいろ調べてみると、頭が良くなる子供部屋の作り方は不動産購入時に上記のような

 

知識を持っているかどうかによって判断されます。

 

ぜひ、今後の不動産購入時の参考にお役立てください。


 

今回の「頭が良くなる子供部屋とは⁈不動産購入時の参考に!」というお話はいかがでしたでしょうか?

 

子供達にとって日常視界に入ってくるもの全ては知能を刺激する学習すべき対象です。

 

そういった環境をいかに整えていくかが、鍵のようですね。ご参考になさって下さると幸いです。

 

当社、株式会社グッドワンでは、川口・蕨・さいたま市エリアで不動産業(売買、仲介)・建設業(新築分譲、注文住宅、

 

リフォーム)・各種検査業務(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)を中心に営業しています。

 

川口・蕨・さいたま市の新築戸建・中古戸建・土地の売買、仲介のご相談は失敗しない不動産購入・売却の

 

さいたま東浦和不動産情報館にお任せください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンでは、物件探しに、AIの「物件提案ロボ」をお客様が無料でご利用できます。

 

また、気になる物件がございましたら、グッドワンにご相談下さい。実際に、物件調査、ご案内、施工チェック、ローン審査、

 

周辺施設の情報収集などをさせていただきます。「物件提案ロボ」をお気軽にお試しください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンが、安全・安心・快適な住宅の購入・売却のお役に立てます。

 

また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物のチェックをします。

 

また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、

 

行っておりますので、ご興味のある方は、お声掛け下さい。