任意売却って書いてあるけど、買っても大丈夫?


 

今回ご紹介するというお話は、「任意売却って書いてあるけど、買っても大丈夫?」という借入等の原因で売却せざる

 

おえない方の売却物件についてお話しです。詳しくは、以下の通りです。

借入返済の原因で売却せざるを得ない売却物件 任意売却の表記があっても安心して取引できるの?

任意売却って書いてあるけど、買っても大丈夫?

たまに販売チラシの隅っこに「任意売却物件のため、債権者の同意が必要です。」と書いてある場合があります。

 

これは、どういうものでしょうか。

 

任意売却とは、例えば、売主様が住宅ローンを払えなくなり、「差押」手続きなどが開始されてしまっている

 

ケースをいいます。

 

差押がされると、次には裁判所の「競売」手続きが始まってしまいます

差押がされると、次には裁判所の「競売」手続きが始まってしまいます

 

ところが、競売になってしまうと、通常の取引価格より安い値段になってしまうため、住宅ローンを貸し付けている銀行は

 

貸付金の回収が見込めなくなってしまいます。

 

そこで、競売手続きが始まるまでの間に、競売ではなく通常の取引で売却を行おう、というのが任意売却と呼ばれる

 

手続きです。

 

債権者の思惑で売却価格が決まる⁉

そのため、任意売却の場合に取引価格の主導権を握っているのは、売主様ではなく銀行などの「債権者」となります。

 

銀行としては、残っている住宅ローンを、競売が始まる前までに早く回収したいし、一方でなるべく多く回収したい、

 

という思惑があります。

 

また、購入する側としては、銀行の急ぎ度合や、残債の額によって、購入できる金額が決まってくることになります。

 

任意売却の際に注意すべきは、売主様の資産状況に問題がある点です

任意売却の際に注意すべきは、売主様の資産状況に問題があるという点です。

 

銀行の住宅ローン以外にも借金や税金の滞納があったりする場合には慎重に手続きを進める必要があります。

 

チラシの文言だけでは判断できませんので、具体的な取引状況をチェックしましょう。

 

また、不動産の任意売却について専門的な知識のある方に相談できれば安心です。

 

株式会社グッドワンでは、不動産の競売物件や任意売却物件の購入についてのご相談も、実際に、競売物件や任意売却物件の

 

取引に精通しているスタッフが対応できますのでご安心ください。

 


今回の「任意売却って書いてあるけど、買っても大丈夫?」という

 

お話しは、いかがでしたでしょうか。

 

当社、株式会社グッドワンでは、川口・蕨・さいたま市エリアで不動産業(売買、仲介)・建設業(新築分譲、注文住宅、

 

リフォーム)・各種検査業務(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)を中心に営業しています。

 

川口・蕨・さいたま市の新築戸建・中古戸建・土地の売買、仲介のご相談は失敗しない不動産購入・売却の

 

さいたま東浦和不動産情報館にお任せください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンでは、

 

物件探しに、AIの「物件提案ロボ」をお客様が無料でご利用できます。

 

また、気になる物件がございましたら、グッドワンにご相談下さい。実際に、物件調査、ご案内、施工チェック、ローン審査、

 

周辺施設の情報収集などをさせていただきます。「物件提案ロボ」をお気軽にお試しください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンが、安全・安心・快適な住宅の購入・売却のお役に立てます。

 

また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物のチェックをします。

 

また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、

 

行っておりますので、ご興味のある方は、お声掛け下さい。