66%が資産価値よりライフスタイルを優先して住宅購入をしている!


 

今回ご紹介する「66%が資産価値よりライフスタイルを優先して住宅購入をしている!」というお話しは、実際の住宅購入者

 

から購入する住宅の条件を伺って調査した調査結果お話しです。詳しくは、以下の通りです。

66%の人が資産価値よりもライフスタイルを優先して住宅を選択、購入している現実

66%が資産価値よりライフスタイルを優先して住宅購入をしている!

 

66%が資産価値よりライフスタイルを優先して住宅購入をしている!

 

「既存住宅売買瑕疵保険の普及」や「重要事項説明書への建物状況調査の実施の有無の表示」「安心R住宅」等、

 

国は多くの施策を打ち出し、安心して取引できる既存住宅流通市場の実現を目指しています。

 

しかし、せっかく制度が整備されても、売却価格が購入時の価格を大きく下回る場合などは、

 

売却後に住宅ローンの残債が残ってしまい、売るに売れない状態となります。

 

住宅の資産価値が目減りする状況では、既存住宅流通市場の活性化も、なかなかままなりません。

 

不動産を購入する際に、どの程度の人が売却時の資産性に配慮しながら購入を検討しているかについて、アンケート調査を

 

行いました。

 

<質問1>自宅の購入を考えたとき、駅から徒歩何分まで許容できますか?

<質問1>自宅の購入を考えたとき、駅から徒歩何分まで許容できますか?

 

■意外と多い!?駅から16分以上離れていても構わない、という回答

 

駅からの距離は、住宅の資産価値に最も影響を及ぼすポイントです。一般的に、駅に近ければ近いほどリセールバリューも維持

 

されやすい傾向があります。

 

徒歩10分以内と回答した人は54%で、10分以上を許容できると回答した人が46%でした。。

 

最近は、駅からの距離が7分以内の物件を勧めるケースも増えていますが、7分以下と回答した人は22%でした。

 

また、駅から16分以上、もしくはバス便でも構わないと回答した人が22.6%となり、約1/4の人が、16分以上の距離を

 

許容していることが分かりました。

 

■年代による分布でみると

 

20代は、10分までと回答した人が66.7%に上り、若い世代は利便性を求めていることが分かります。

 

対して、30代は、16分以上やバス便を許容できる割合が29.3%と、ほぼ3割を占めました。

 

駅からの距離よりも子育て環境を優先するからなのでしょうか、子育て世代は駅からの距離に寛容であることが分かります。

 

また、60代以上では、5分までと回答する人が15.8%と、他の世代よりも突出しており、子育てを終えた世代には、利便性を

 

求める層が一定割合存在することが分かりました。

駅から徒歩何分まで許容できるか? 時間別部分布円グラフ
年代別駅までの距離の許容範囲表

<質問2>自宅を購入する場所、ライフスタイルと資産価値のどちらを優先させますか?

<質問2>自宅を購入する場所、ライフスタイルと資産価値のどちらを優先させますか?

 

① 通勤・通学に便利、子供の学区域、昔から住んでいるなど、自分のライフスタイルを優先に立地を考える。

 

② 売却時に値段が下がりにくいなど、リセールバリュー(売却時の価格)を優先させて立地を考える。

 

あなたは、どちらですか?

 

2/3の人が、ライフスタイルを優先して住宅購入と回答

 

ライフスタイル優先の人が、リセールバリュー優先の人を大きく上回り、全体の2/3の人がライフスタイル優先と回答しました。

 

住宅の購入理由は、結婚・出産・子供が大きくなったからなど、比較的ポジティブな要因で購入を検討される方が多いものです。

 

もしかしたら、家の購入を検討している段階で売却のことなど夢にも思わないのが一般的なのかもしれません。

 

■ライフスタイル優先派/リセールバリュー優先派別 許容徒歩分数

 

リセールバリュー優先派は、駅からの距離10分以内が57%

 

ライフスタイル優先派とリセールバリュー優先派で分けて、駅からの許容徒歩分数を見ると、徒歩10分まで許容すると回答した

 

人が、ライフスタイル優先派が45%に対して、リセールバリュー優先派は57%と、10ポイント以上多くなりました。

 

リセールバリュー優先派が、駅からの距離を重視していることが分かりました。

 

■ライフスタイル優先派は、バス便を許容する人がリセールバリュー優先派の2倍

 

ライフスタイル優先派は、10分以上の距離を許容する人が55%となり、リセールバリュー優先派の人よりも駅から距離は

 

あまり気にしないという結果となりました。なかでも、リセールバリュー優先派でバス便も許容している人が6%に対し、

 

ライフスタイル優先派の人は14%の人がバス便も可と回答し、バス便を許容する人がリセールバリュー優先派の人より2倍以上

 

も多い結果となりました。

 

ライフスタイル優先派とリセールバリュー優先派の割合 円グラフ
ライフスタイル優先派の内訳 リセールバリュー優先派の内訳

住宅購入時には「購入の頭半分」「売却の時の頭半分」で住宅探しをされることをお勧め

「家は一生で一回の買い物」と言われた、バブルがはじける1990年代前半までは、不動産の価格は一貫して上昇していたので、

 

住宅購入時にリセールバリューのことは、あまり考える必要がなかったかもしれません。

 

しかし、購入価格を大きく下回る可能性のある現在では、購入時に売却時のリセールバリューも考えて購入されることを

 

私たちはお勧めしています。離婚、死別、ローンが支払えなくなった、やむを得ず高齢者施設への入居等、

 

住宅を売却しなくてはいけないネガティブな原因も誰にでも起こり得る話です。

 

 ぜひ、住宅購入時には「購入の頭半分」「売却の時の頭半分」で住宅探しをされることをお勧めいたします

<物件提案ロボについて>

<物件提案ロボについて>

 

「物件提案ロボ」は、主に住宅購入予定者が購入希望条件を登録しておくと、希望条件に合致する新着不動産情報が、

 

不動産の資産価値やリスクが分かる資産価値評価レポートを伴って毎日メール配信されるサービスです。

 

対象不動産は、中古マンション・中古一戸建て、土地(評価レポート無し)となっています。

 

本サービスの大きな特徴は、資産価値評価レポートを伴って配信される点にあります。

 

資産価値評価レポートは、「物件提案ロボ」と連動して動く「SelFin(セルフィン)」が自動作成します。

 

改めて情報などを入力する必要がなく、配信されてきた不動産情報をクリックするだけで「SelFin(セルフィン)」

 

が自動的に起動、必要な情報を取得し、ただちに当該住戸の資産価値やリスクなどを判定、資産価値評価レポートを作成します。

 

資産価値評価レポートは、対象不動産の「価格の妥当性」「流動性」「耐震性」「住宅ローン減税の利用の可否」「管理状況」

 

「土地の資産性」を判定し、今回の住宅ローン減税の問題などに、消費者自ら気付くことができるよう設計されています。

 

また、配信されてくるマンションの情報は、全国のマンションの95%以上を網羅する「全国マンションデータベース」

 

とも連動しており、各マンションの販売履歴や賃料履歴、口コミなども確認することができます。

 

「物件提案ロボ」のロボワン君は、無料でご利用いただけます。是非、お役立てください。

 

物件購入検討時の物件情報集め、判断材料集めに、「物件提案ロボ」をご活用し、最新の情報集めをして下さい。


今回の「66%が資産価値よりライフスタイルを優先して住宅購入をしている!」というお話しは、いかがでしたでしょうか。

 

当社、株式会社グッドワンでは、京浜東北線・武蔵野線・東武スカイツリーライン沿線で、

 

さいたま市・川口市・草加市・越谷市・春日部市エリア特に南浦和・東浦和・東川口・蕨を中心に不動産業(売買、仲介)・

 

建設業(新築分譲、注文住宅、リフォーム)・各種検査(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)業務で活動をしていて、

 

『さいたま東浦和不動産情報館』を運営しています。

 

エリアを知り尽くした『さいたま東浦和不動産情報館:株式会社グッドワン』にお声掛け下さい。

 

まずは、「物件提案ロボ」のロボワン君を活用して物件をお探しできます。

 

このエリアで、28年間で、3000件以上の不動産調査をしてきたベテランの宅地建物取引士がお手伝いしますので、

 

安全・安心・快適な住宅の購入ができます。また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに

 

建物のチェックをします。また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いを

 

できるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、行っておりますので、

 

ご興味のある方は、お声掛け下さい。

 

勿論、フラット35や各種住宅ローン、火災保険、地震保険等の手続きも行っております。