自宅の建替えと法規!?について考える


自宅の建替えと法規⁉について考える    建替えできない土地(再建築不可)って


 

今回ご紹介する「自宅の建替えと法規!?について考える」というお話しは、再建築不可物件の意味についてお話しです。

 

詳しくは、以下の通りです。

再建築不可の理由

建て替えができない土地がある事をご存知でしょうか。       (どうして再建築不可⁉)

自宅の建替えと法規!?について考える 

 

建て替えができない土地があることをご存知でしょうか。

 

親が所有している実家を建て替えれば土地を買うための費用が不要になる。また、古家付きの土地を買ってば更地で買うよりも割安で

 

買えることもある。など思ってみたりしていませんか。

 

たまに見かけるのが、とても格安な価格の販売図面の隅の方に「再建築不可物件」と書いてある物件資料です。

 

「再建築不可物件」とは、どんな物件⁉

「再建築不可物件」とは更地にした後に新たに建物を建てることができない物件(土地)のことです。

 

これは、建築基準法第42条で規定している「道路(幅員が4メートル以上のものをいいます)」が大きく関わっています。

 

建築基準法では道路に2メートル以上接していない敷地の場合には、建物を建てることができないという規定です。

 

建築基準法が施行される以前に立っていた建築物は問題とはなりませんが、その建築物を取り壊して新たに建物を新築するとき

 

には現在の建築基準法が適応される為、再建築不可になってしまうというものです。

 

自宅の建替えを検討されている場合は「再建築不可」に該当しないかをまずは確認してみましょう。

 

古家付きの土地を検討されている場合の方も同様です。

「敷地のセットバック」を行うことで、家を再建築できる⁉

「道路(幅員が4メートル以上のものをいいます)」と書きましたが4メートル未満の場合で建築不可になる場合は、

 

「敷地のセットバック」を行うことで、家を建てることができます

 

このような道路を「2項道路」(法42条2項道路。建築基準法の42条2項から)または、「みなし道路」といいます。

 

「敷地のセットバック」とは、土地が接している道路がこの2項道路の場合、道路中心線から2メートルの位置まで後退

 

(セットバック)した線まで建物を建てずに空けておくことが必要です。

 

なお、片側が川や崖になっていて、道路が広げられない場合は、川や崖側の道路境界線から4メートルのところまで敷地の

 

セットバックが必要になります。

 

建物を建てるためには、建てる土地にいろいろな規制がありますので安い土地だからと安易に手を出すと痛い目にあってしまう

 

こともありますので注意を払うことが重要です。

 

株式会社グッドワンには、不動産の調査にたけた営業がおりますので気になる物件がございましたらご相談下さい

 

必ず、あなたのお役に立てると思います。


今回の「自宅の建替えと法規!?について考える」というお話しは、いかがでしたでしょうか。

 

当社、株式会社グッドワンでは、川口・蕨・さいたま市エリアで不動産業(売買、仲介)・建設業(新築分譲、注文住宅、リフォーム)・

 

各種検査業務(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)を中心に営業しています。

 

川口・蕨・さいたま市の新築戸建・中古戸建・土地の売買、仲介のご相談は失敗しない不動産購入・売却の

 

さいたま東浦和不動産情報館にお任せください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンでは、物件探しに、AIの「物件提案ロボ」をお客様が無料でご利用できます。

 

また、気になる物件がございましたら、グッドワンにご相談下さい。実際に、物件調査、ご案内、施工チェック、ローン審査、周辺施設

 

の情報収集などをさせていただきます。「物件提案ロボ」をお気軽にお試しください。

 

『さいたま東浦和不動産情報館』の(株)グッドワンが、安全・安心・快適な住宅の購入・売却のお役に立てます。

 

また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物のチェックをします。

 

また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるようご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、行っておりますので、

 

ご興味のある方は、お声掛け下さい。勿論、フラット35や各種住宅ローン、火災保険、地震保険等の手続きも行っております。