新築建物は誰のものか?建築請負契約と施主の関係とは


新築された建物は誰のものか? 請負契約と施主の関係

今回ご紹介する「新築建物は誰のものか?建築請負契約と施主の関係とは」というお話しは、建築中の建物の所有権の所在に関すること

 

です。詳しくは、以下の通りです。

新築建物の建築を建設会社にお願いした場合に、いつから自分のものになるのか

新築建物は誰のものか?建築請負契約と施主の関係とは

新築建物は誰のものか?建築請負契約と施主の関係とは

 

今回は、新築建物の建築を建設会社にお願いした場合に、いつから自分のものになるのか、というお話です。

 

ポイントは、建築中の建物は誰のものなのか、という点です。

 

一般的に請負契約には、引渡し日が定められています。

 

いつまでに請負人は建築を完成させ、注文者に引き渡すか、という規定です。

 

引渡日から注文者の所有になることは間違いありませんが、それでは建築中の建物は誰のものなのでしょうか。

裁判例では、材料を誰が提供しているかで判断

裁判例では、材料を誰が提供しているかで判断する、と考えています。

 

材料を注文者が提供していれば注文者の所有物という判断になり、請負会社が材料を提供していれば請負会社の所有物という判断

 

になります。

 

ただ、これは契約に決まりがない場合の原則ですので、契約書の特約で所有者が明示されていれば、それに従うことになります。

 

こういった問題が起こるのは、建築中に請負会社がつぶれてしまったり、建築中に注文者が亡くなってしまったりした場合に

 

起こりえます。

 

あまりよくあるケースではありませんが、建物の建築を依頼される場合、こういった話があることにご注意ください。


今回の「新築建物は誰のものか?建築請負契約と施主の関係とは」というお話しは、いかがでしたでしょうか。

 

当社、株式会社グッドワンでは、京浜東北線・武蔵野線・東武スカイツリーライン沿線で、

 

さいたま市・川口市・草加市・越谷市・春日部市エリア特に南浦和・東浦和・東川口・蕨を中心に不動産業(売買、仲介)・

 

建設業(新築分譲、注文住宅、リフォーム)・各種検査(外壁劣化診断、雨漏り診断、断熱診断等)業務で活動をしていて、

 

『さいたま東浦和不動産情報館』を運営しています。

 

エリアを知り尽くした『さいたま東浦和不動産情報館:株式会社グッドワン』にお声掛け下さい。

 

このエリアで、28年間で、3000件以上の不動産調査をしてきたベテランの宅地建物取引士がお手伝いしますので、

 

安全・安心・快適な住宅の購入ができます。また、購入に際して、今まで600棟以上の住宅を建築してきた知識と経験をもとに建物の

 

チェックをします。また、赤外線建物診断技能師かつ雨漏り診断士として不具合のない物件の購入のお手伝いをできるよう

 

ご協力します。

 

また、お客様の不動産による資産形成も考えたライフプランニングもファイナンシャルプランナーとして、行っておりますので、

 

ご興味のある方は、お声掛け下さい。