赤外線サーモグラフィー装置

赤外線診断と赤外線建物技能師


赤外線建物診断技能師とは

赤外線サーモグラフィーカメラによる建物の診断・調査をする技術を有する者です。

建物外壁の劣化、雨漏りなどの不具合を赤外線撮影画像を解析し、不具合事象を検出します。

赤外線調査法に必要な専門的な知識を習得することで、安定した質の高い調査結果を報告します。

赤外線建物診断については、TERS(一般社団法人 街と暮らし環境再生機構)の正会員である赤外線建物診断技能師として活動しています。そのため、お客様にとって、公正中立な立場で診断を実施し、TERSによる診断報告書の公正性、適正性の確認の上、お客様にご報告させていただきます。

 

赤外線雨漏り診断について

屋根周辺のトップライトやパラペット、出の少ない軒、けらば、外壁面の換気口、開口部、バルコニー笠木、庇、室内の壁、天井、サッシ廻り、階段廻りの雨水の侵入や漏水等による水分の滞留部を、赤外線サーモグラフィーカメラで撮影し、周辺部との温度差により画像解析し、不具合事象を検出する診断方法です。

 

赤外線雨漏り診断のメリット

①赤外線サーモグラフィーによる温度分布画像を撮影し、画像として温度差を

 確認できる。

②室内の壁や天井の表面に水分が染み出てくる前に、周辺部との温度差で

 不具合事象を検出できる。

③雨漏りや漏水、水分の滞留部を早期に発見できると、木材の不朽やカビの発生

 による建物の劣化や健康被害を緩和できる。

④雨漏りの修繕費用も早期発見により軽減され、費用負担が少なくなる可能性がある。

 

赤外線外壁劣化診断について

太陽光や気温などの影響で外壁の温度が上昇・下降する際に、劣化部にできた空気層の熱の伝わり方の違いや水分の侵入部の温度差により、外壁の浮き、ひび割れ、剥がれ等の剥落する恐れのある部分や水分の侵入部分を赤外線サーモグラフィーカメラで撮影した画像を解析することにより、不具合事象を検出する診断方法です。

 

赤外線外壁劣化診断のメリット

①赤外線サーモグラフィーによる温度分布画像を撮影し、画像として温度差を

 確認できる。

②非接触の検査のため、対象物から離れた場所からの診断ができ、短期間で

 広範囲を診断できる。

③従来の打診診断と比較して、足場等の設置が不要のため、費用負担が少なく、

 診断の期間も短い。



赤外線サーモグラフィーによる診断・検査のお勧め

◎赤外線診断は、非破壊で建物の劣化や雨漏りを診断・検査でき、不具合事象を早期に発見出来たり、劣化の状況や浸水の状況などを赤外線撮影した温度分布画像で確認できるため、新築物件でも、中古物件でも、目視では確認できない建物内部の様子を確認することが出来ます。詳しくは、専用ホームページでご確認下さい。

㈱グッドワンには、赤外線建物診断技能師が2名在籍しています。