安心-安全-快適な暮らしのリフォームをご提案します

お見積り無料

お電話受付 8:30~19:00

☎048-755-9843

FAX・Mail受付 年中無休

FAX 048-755-9853

Mail contact@good1.co.jp



■グッドワンが安心-安全-快適な暮しのリフォームをご提案します


■ペット関連-高齢化対応


ペットとの生活を考えた設備やプラン

高齢化に対応した設備やプランの検討

建物のバリアフリーや手すり-転倒防止

建物の劣化防止-延焼防止-保護強化対策

 ・生活の変化に合わせたリフォーム

 ・お手入れや安全を考えたリフォーム

ペット関連高齢化対応リフォーム-バリアフリー-建物劣化防止-延焼防止-保護強化対策

  ※ご相談・お見積りはお気軽にお声掛け下さい。メーカーの商品カタログをご覧いただき、ご説明致します。

  商品のご確認は、お近くのメーカーショールームをご紹介させていただきます。ご相談お待ちしています。




ペットリフォーム


愛犬・愛猫の快適設備


一生のほとんどの時間を過ごす室内は愛犬・愛猫たちにとって大切な空間です。

安心・安全・快適な環境で過ごしてもらいたいですね。

人にとって住みやすい家が必ずしも愛犬・愛猫にとって住みやすいとは限りません。

 

私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬・愛猫の目線にほんの少しなることで、

家族みんなの笑顔があふれる住まいの形が見えてくるかもしれません。

 

ペットも自由に出入りしたい 【ペットドア】

■家族みんなが仲良く楽しく暮らすドア選びを

リビングで家族と遊んだり、自分のゲージに戻ったり、時間帯によって、ペットの過ごし方や過ごす場所も変わります

自由に出入りできなくてドアの前で入れなかったワンちゃんも猫ちゃんも、小さなくぐり戸があれば、好きな時間に好きな場所へ移動することができ、ストレスも感じずにのびのび過ごすことができます。

 

ペットも大切な家族の一員。だからこそ、住まいづくりやリフォーム時にペットも快適に暮らせる配慮をぜひプラスしてあげましょう。

 お家でも気持ちよくシャンプーしてもらいたい 【ペット用洗面台】         

■おうちシャンプーしてあげたい、でも楽で簡単な方法は?

ペット用洗面台は愛犬家の方々が”お家にあったらいいな”と思う住宅設備の上位にランキングされる程、人気があります。

小型犬や猫なら洗面台のボウルの形状やカウンターを工夫してみるのも良いでしょう。水撥ねを防ぐ高めのパネルや抜け毛のことも考えた排水口、あとリードフックがあると便利ですね。メーカーからワンちゃん用洗面台が数種類出ていますので、こちらをご検討するのもよいです。

 

●浴室でシャンプーする場合

実際にはどのご家庭でも浴室でシャンプーされる方が多いと思いますが、角度調節ができるシャワーフックがあると便利です。両手でしっかり洗えるだけでなく、ホールドしながら洗えるので暴れたりしにくいです。お風呂のフタを分厚くて丈夫なものに取り換えると、腰をかがまずに椅子に座りながらお風呂のフタに乗せて洗うことができますので、腰の悪い方でも安心ですね。

 

●洗った後のタオルドライ

愛犬との暮らしでは、屋外から帰った後の足洗場への動線が短いほど何かと便利です。浴室の隣にバステラスがあるとそこでタオルドライもできます。愛犬の身震いで水しぶきが飛び散っても大丈夫なお掃除のしやすい空間が確保されていれば安心便利ですね。

犬のシャンプー

 気になる住まいのニオイ対策 【空気清浄機・脱臭機】               

■ニオイの原因となるものを除去しよう 

愛犬猫と暮していると気になるのが、住まいのニオイです。自分の家のニオイには慣れてしまい感じなくなってしまいがちですが、

他人の家のニオイは良くわかるもの。せっかくの素敵な住まいもニオイで台無しということに…。

ニオイの原因を早く除去し、住まいを衛生的に保つことが大切です。

 

●ニオイの原因となるもの

住まいの悪臭発生場所といえば、トイレ・浴室・台所・玄関・押入れなど。悪臭の主な原因は、バクテリアやカビが有機物を

分解するときに出す臭気です。

バクテリアやカビの繁殖を抑えるため、湿気が籠らないように換気に気を配りましょう。

 

●ニオイ対策に効果的なアイテム

ニオイ対策では、お掃除のしやすい、ニオイを溜め込まないお部屋づくりをすることも大切ですが、消臭機能のある壁材や天井材などを採用することもおすすめです。また、空気自体をきれいにしてくれる空気清浄機などの設備機器の導入も効果的です。

すでに呼吸器疾患やアレルギー症状などでお悩みの方も改善効果が期待できます。

ウイルス除去機能や加湿除湿などの付加機能のある製品も出てきていますので生活スタイルにあったものを選ぶ事ができます。

室内ペットがいるご家庭では置き型の場合、コードへのイタズラに注意しなくてはいけませんが、天井設置タイプなら場所もとらずスッキリさせることが可能です。天井埋込型「ナノイー発生機エアイー」なら天井から発生する微粒子イオンがシャワーのように天井からニオイを抑えます。電源があれば、工事可能なのでリフォーム時におすすめです。

犬用洗面化粧台「ボニート」
ペット用洗面化粧台「ボニート」
Panasonicのペットドア
Panasonicのペットドア
気になる住まいのニオイ対策
Panasonic「エアシー」天井埋込型空気清浄機


愛犬・愛猫の快適室内コーティング


滑る床は人も犬にも危険です。足腰の負担を軽減することは

家族みんなが笑顔で安心・快適な暮らしへと繋がります。

 犬の寿命は約15年、犬たちはあっという間に高齢期に。

 

犬は 7 歳前後、猫は 10 歳前後から高齢期と言われています。高齢期を迎えたら、

日頃からの健康チェックには今まで以上に気を配り、定期的に健康診断を受け、フード、

病気、室内の危険等への対応を考えましょう。

 

■ペットの高齢期への心構えと準備

普段からペットのサインを見逃さないように

ペットと長く一緒に過ごすためには、飼い主が健康面などに気を配るのは当然のこと。

 

犬たちは、とくに高齢になって足腰が弱ってくると、段差や階段を嫌がる様になります。人も愛犬猫もいつまでも快適に暮していくには高齢期を見据えた住まいの工夫が必要になります。

 

床の滑りが原因で生じる足腰の疾患で不幸にも歩行困難や死に至るケースが増えているのが現状ですが、これは、ペット達が室内で家族と生活していく上で、現在のお住まいがペットとの共生に対しての機能を備えていないという事です。

床の滑りがもたらす疾病【椎間板ヘルニア】【膝蓋骨脱臼】【股関節形成不全】など

 

■対策としてできること

床材を滑りにくいものへ張替える、もしくは既存床に滑り止め効果のあるコーティングを施すことです。

 各メーカーから防滑処理された床材が多数出ており、お部屋の雰囲気に合わせてお洒落にコーディネートすることもできますので、一度ショールームでご覧になられることを検討するのも良いと思います。

 

既存床にコーティングして対応をお考えの方もいらっしゃると思いますが、コーティング剤の種類が多く何を選べば正解なのかわからないという方もおられることと思います。以下に示す表をご参考になされると良いでしょう。

 

耐水性や防汚性能を備えたコーティングならホコリや抜け毛のお掃除もラクになりますし、粗相してしまってもニオイが付かないので再び同じ場所に粗相しなくなりますので、トイレのトレーニングもやりやすいと思います。

床のコーティング剤の効果一覧
建材メーカー床材防滑処理
建材メーカーの防滑処理 床材
床材選びが愛犬の将来の疾患を決める
床材選びは愛犬に与える影響が大きい
腰椎疾患による歩行器使用例
歩行補助具を使ってお散歩


高齢化対策リフォーム


「なるべく周りの手を借りずに生活したい」と考える人も多いでしょう。

そのためには、両親だけでなく、自分の老後に向けた自宅のバリアフリー対策が必要です。

 

お部屋の床や廊下の高齢化対策リフォーム【段差解消・転倒防止】

玄関やお部屋とお部屋を結ぶ廊下、廊下とお部屋の間に生じる段差を解消しましょう。

手すりの設置や足元灯の設置などの工夫も必要です。現状、手摺りが無くても将来的に取り付けやすいように下地となる合板を内壁に設置しておくと良いです。

床材にも気を配る。転倒防止のために滑りにくい、引っかからない床材がおすすめです。

「フローリング床材」なら滑りにくいものを選びましょう。クッションフロア・カーペット・コルクボード材といったクッション性の高い素材も適しています。

 

家庭内での不慮の事故「転落・転倒」「浴室の溺死」の占める割合 46.7%

 年間約6600人の方が家庭内で不慮の事故で亡くなられています。  (厚生労働省2010年調査)

 

高齢になると家庭内で過ごす時間が増えるため、65歳以上の高齢者でケガの多発する場所の約3分の2が住宅内での事故です

具体的には‥

 

建物内外の段差をなくして、出入口や廊下の幅を広げるなど、車椅子の方や高齢者が生活するのに支障がない構造仕様にすること。

 

高齢者が住みやすい家は、家族みんなに優しい住まいです。

高齢者対応(バリアフリー仕様)規制寸法

車椅子対応の必要最低廊下幅

廊下幅    85cm以上

扉の出入り口 80cm以上         確保する必要があります。  

                                            将来を見据えて新築時に必要幅を確保しておくのも良いです。

(※トイレの向き変え時などの場合、100cm以上の回転幅が必要な場合もあります) 

車椅子で室内を移動することを想定すると、床材が柔らかすぎる場合、耐久性からも問題が起こる可能性があります。

ある程度の表面硬度のある床材を選択するか、床コーティングなどで対処することも検討する必要があります。

 

居室やリビングから玄関・トイレなどの生活動線上において、バリアフリーを意識した空間を備えておくと、

安心な自宅で充実した安全で自立した生活を送りやすくなります。

 

特に将来、車椅子や介助が必要になった時、車椅子や介助者と移動する空間となりますので、

今は必要なくても将来のために整えておきましょう。

 


ふらつきや滑り、転倒防止、立ち座りを楽にする手すり選びは重要です


身体能力の低下に伴う動作の困難さやケガの危険性を避けるには、手すりが有効です。介護の軽減もしてくれます。

座る、立つという行為のあるトイレ・浴室などの空間には、手すりを設置しましょう。

 

高齢者にとって座ったり立ったりする時には、体重を支えられる手すりがあると転倒防止にもなります。

 

浴室は特に床が滑りやすくなっています。浴槽への出入り時に動作がスムーズに行える位置に手すりがあると安全です。


生活動線上の床の段差や素材に注意

生活動線上において、床の少しの段差を解消することによって、転倒・転落などの事故を予防することができます。

 

一番つまずきやすいと言われている床の段差は1㎝〜3㎝程度のちょっとした段差です。

 

段差がなくても床の素材が変わる時や歩行感が変わること等が原因で、つまづくこともあります。

 

突然滑り抵抗値が変化すると滑ったり、つまずいたりする危険が大きいため、同一床においては、滑り抵抗に大きな差がある材料の複合使用は避けることが望ましいです。

 

素材の色をはっきり変えて歩行感が変わることを視覚的にもわかるようにする工夫も事故の予防に効果的です。

 

生活動線上の幅や広さを確保する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車椅子を使用する際は、ちょっとした段差も介助の不自由になります。

 

畳からフローリングへ変わる箇所や、フローリングからカーペットなど、仕上げ素材の異なる境目に入っている材料のちょっとした段差や、厚手のラグをしいた際の段差等、様々な箇所での配慮が必要です。

 

なるべく段差を小さくすることと、低い箇所から高い箇所へと斜めにカットされた材料を境目に使用するなどの工夫をすると、つまずく心配も不自由さも解消されます。

 

例えば、通った時に自動的にスイッチがONになるセンサー付きの足元を照らすフットライトを設置したり、手元も暗くならないような照明計画をすることが重要です。

 



身体の自由が制限されたとき、水回りの使い勝手が悪いとスムーズに生活できません。

場所別にリフォームアイディアをご紹介します

国民の3人に1人が65歳以上の高齢者に。そんな時代が訪れようとしています。

人生100年時代。誰もが自分らしく実り多い時間を過ごして行きたいですね。

 ■水廻りの設備、高齢化対応リフォーム

いくら寒くてもお風呂やトイレに行くのをやめるわけにはいきません。

真冬の深夜にトイレに立つ時 、暖められた寝具の中と寒い廊下やトイレで体感する温度差は20℃近くにもなります。

急激な体感温度の変化は血圧を大きく変動させ、身体に悪影響を与えます。

 

これをヒートショックと言い、深刻な場合は脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす危険もあります。

家庭内では浴室やトイレで発生することが多く、そのほとんどが高齢者であることもわかっています。

 

高齢になると心身機能が低下し、寒さへの適応能力が下がるからです。

ヒートショックを防ぐには住まいの中の温度差を小さくすることが必要です。

 

 浴室は冷たいタイル張りから保温性、気密性の高いユニットバスにリフォームすることで室内の温度だけでなく湯の温度も下がりにくくなり、バスタイムも快適になります。

廊下や水回りにも冷暖房を設置したり、住まいの断熱性能を上げることで防ぎましょう。


高齢化対策 浴室のリフォーム



■暖房機能付き浴室乾燥機を設置する

お風呂場での事故で最も怖いもののひとつがヒートショック現象です。

ヒートショックとは、気温の変化に伴う血圧の急激な変動が身体に悪影響を及ぼすことで、聞いたことがあるという人も

多いのではないでしょうか。お風呂場は脱衣所と浴室の温度差が激しいため、ヒートショック現象が起こりやすいのです。

 

暖房付き浴室乾燥機を設置することで、この室温差をなくし、ヒートショックの防止が期待できます。

それだけでなく、足元が滑りにくくなるため、転倒を防止できるのも魅力のひとつです。

 

■浴槽に自動昇降機を設置できるようにしておく(スペースの確保)

介護の現場でよく使われているのが、浴槽内の自動昇降機です。

浴槽に取り付けるだけで、自動で湯に浸かったり上がったりすることができるため、立ち座りの負担をなくせますので、

介護する側の負担も軽減できます。

 

機器は浴槽の中や上に設置するため、ある程度の横幅が必要となります。

湯あかなどで汚れるため、継ぎ目の少ないものなどを選ぶのがお薦めです。

 

■扉や窓にガラスを使わない

お風呂場では、十分な対策をしていても転倒してしまったり、何かの原因でガラスを割ってしまう危険性があります。

換気、乾燥のための設備(暖房付き浴室乾燥機)は発達しているため、窓を換気以外の用途で使用しないのであれば、

窓そのものを取り外すことも考慮したいです。浴室内の室温のほとんどは窓から外へ出ていくためです。

 

暖房機能付き浴室乾燥機
浴室乾燥機で浴室のひんやりをなくす
浴室の手すり取り付け工事
浴室の手すり取り付け
暖房機能付き浴室乾燥機
浴室乾燥機と暖房機能が付いた商品が一般化してきています。浴室での干し物に便利です。


高齢化対策 トイレのリフォーム


トイレの自立はプライドと生きがい

安全で使いやすいトイレにすることは、人生最後まで自立心を養い、尊厳を保つことになります。


■トイレのドアは外からも鍵を開けられるようにする

高齢者の場合、万が一の際に助けを呼べないこともあります。トイレの鍵を外からも開けられるようにしておけば、

救助や介助がよりやりやすくなります。日常的には、「トイレットペーパーがない」などの場合に対処しやすくなります。

扉を外開きにする(中で倒れた時に救助しやすい)、引き戸へ変更する(開口部が広くなり介助しやすい)対策が有効です。

 

■手すり付きのトイレットペーパーホルダーを設置する

リフォームでは手すりとトイレットペーパーホルダーの位置関係が懸念材料となることが多いです。

 

ホルダー自体に手すりがついているものならば設置場所を決めやすくなります。

最近は、便器にアームレスト(ひじ掛け付き)があるものも出ていますので、検討してみるのも良いです。

 

トイレ内に暖房器具を設置

冬場の夜間にトイレに起きる際には、急な温度変化による血圧の急変で身体に異常が起きないようにする配慮も必要です。

 

トイレ内に暖房器具を設置したり、床や壁が温かくなる仕上げ材もありますので、状況に応じて取り入れてみましょう。

 

■足元に照明を設置する(足元灯人感センサータイプ)

高齢になると夜トイレに行く機会も増えるので、夜中にトイレに行く方にとって足元が暗いと不安材料となります。

 

スイッチを押すことなく自動で点灯する人感センサータイプのものがお薦めです。

リクシル トイレ 手すりペーパーホルダー一体型
手すりペーパーホルダー一体型 リクシル
Panasonic アームレスト付きトイレ
アームレスト付きトイレ 「アラウーノ」
Panasonicトイレ レストテーブル
折り畳み式レストテーブルで排泄環境サポートしてくれます。車椅子からの座り直しや高齢者の立ち座りを助けます。


高齢化対策 キッチンのリフォーム


コの字型キッチン 料理動線が短くて便利
コの字型(U型)が最も動線が短くて済みます

■コの字型のレイアウトを採用する

キッチンのレイアウトには、I字型、L字型、U型など種類がありますが、コの字型(U型)が最も料理動線が短くて済みます

 

3つのカウンターがそれぞれ垂直に交わっており、

キッチンの中で身体の向きを変えるだけで

下ごしらえ・調理・洗い物に取りかかることができます。

 

横移動は動線が長くなりがちで、作業効率が悪いです。

調理台、流し、冷蔵庫、食器棚などは料理の手順に沿って少しずつ移動していけるようにすると良いでしょう。

 

例えば、車いすに乗っている人と立っている人とでは、

 

当然目線の高さが違うため、カウンターの適切な高さも

違ってきます。

 

 

■電動昇降機能付きキッチン【ユニバーサルデザインキッチン】

存在を知らない方もいるかもしれませんが、電動昇降機能を付けることで立ち座りどちらにも対応させることができます。

キッチンの天板の高さ調整がリモコンで行えるので、お料理好きな車椅子の方でもキッチンに立つことができます。

シンクの高さが変わるので、使用者の目線に合わせて快適にキッチンを使えるのが魅力です。

 

■昇降機能付き吊戸棚+乾燥機能

キッチン取扱い各社では電動昇降機能付きの吊戸棚の商品展開を行っております。リモコン一つで手が届きにくい高さのものが手元に来るので背の低い方やご高齢の方も大変便利に使えます。

 

■位置の低いキッチンではシンクを浅型にする

深いシンクは排水口の掃除をするときが辛いです。また、座って作業することを想定した場合、ひざの辺りが開けている方が作業の負担が軽減されます。車椅子の方はアームレスト、フットレストの高さよって椅子が中まで入り込まないことがあるので、注意が必要です。また、浅型シンクは水の飛び散りが少ないです。

 

リクシルユニバーサルキッチン ウェルライフ
リクシル「ウェルライフ」
Panasonic「リビングステーション」L-class
Panasonic「リビングステーション」L-class
天板昇降機能付きキッチン
天板 昇降機能付きキッチン