カテゴリ:天災・事故等



住宅を購入するときは、どうしても駅から距離や価格、間取り、設備などで選んでしまいがちです。 しかし、巨大地震や津波、洪水、土砂崩れなどの災害リスクも考慮しておかないと、震災が起きてしまった時に大変なことになります。 住宅購入する際には、その土地が安全かどうかを事前に調べておく必要があります 今回は、住宅を購入する前に必ずチェックしたい「ハザードマップ」についてお伝えします。 2019年2月に政府の地震調査委員会が発表した情報によると、南海トラフ地震が今後30年以内に発生する確率は70~80%。 関東地方でマグニチュード7~8クラスの地震が起きる確率は、今後30年以内で90%以上だといいます。 最近では自治体ごとに洪水、津波、液状化現象、火災などの項目別ハザードマップを公開しているので、 自分が購入する不動産の場所が、どんなリスクを持っているのかは事前に必ず調べておきましょう! 今住んでいる市区町村で家を探す場合は、なんとなくどの辺りが危ないかご存知の方もいるかもしれませんが、 違うエリアで家探しをする場合には、下記の「ハザードマップポータルサイト」が便利です。 ハザードマップポー
一瞬にして多くを失ってしまう大規模な自然災害で倒壊や浸水などの被害に加え被災後復旧も深刻な問題になります。 被害を最小限に抑える為に日頃の準備が重要になるのではないでしょうか。 最近では台風の影響で浸水や停電などがあります。 災害で立地の影響もなく災害を受けるのは停電ではないでしょうか。 新聞に掲載されていたデータです。 大規模停電が起きると復旧までかなりの時間がかかります。 オール電化した住まいでは季節によっては停電が復旧されるまで大変困難な生活が強いられることになります。 地震や台風でライフラインが使えなくなった場合を想定して準備しておくと良いかもしれません。 一般的にあるとよいもの。 ・日頃からお風呂にお水をためておくようにする。(トイレ用) ・太陽光で充電して使えるものを準備しておく(携帯充電器、ランプ、ラジオ、扇風機など) ・非常食・飲み水 ・カセットガスとコンロ ・季節によっては防寒具など ローリングストック法 大量の物資を非常食として家庭にストックしておくのは現実的に難しい。 そこで、前述の一般的な保存食を買い置きしておいて、順次消費しながら
突然ですが、独立行政法人 防災科学技術研究所が提供する「地震ハザードカルテ」をご存知でしょうか? 住宅購入を検討されている方は購入予定エリアの住所を「地震ハザードカルテ」のホームページに入力するだけで、 地震に対するリスクをおおよそ判断することができます。 既にご購入済みの方もご確認することをお勧め致します。 ちなみに長野県北部地震の発生エリアで調べてみると、地震の発生確率は他のエリアに比べ低いように感じます。 しかし地震が発生してしまうと地盤の関係も作用して被害規模が大きい事が予測されていました(本写真を参照)。 http://www.j-shis.bosai.go.jp/labs/karte/ どのような人であれ、睡眠、食事、趣味の時間、お風呂の時間などを併せて8時間以上、自宅で過ごすことになると思います。 その為、住宅購入時に耐震性や危険リスクを把握しておくことで、1日24時間のうち、8時間分(1/3)のリスクを軽減することができます。 資産保護のため、リスクヘッジで地震保険に加入を検討する良い機会かもしれませんね。 ぜひ、この機会に皆様もご自宅や勤務先など一日中で長時
欠陥・トラブル · 2019/08/01
土地の面積については、法務局備付けの公図・測量図において、境界のポイント・測量面積が記録されています。 近年の東日本大震災の津波被害や、熊本地震での土砂災害などの激甚災害があった場合には、設置されていた境界標が消失してしまったケースや、 流されてしまったケースもあったようです。 最近測量して設置された境界標の場合には、GPS測量という方法が用いられているため、位置の再現性が比較的容易であるという特徴があります。 一方で、古くに測量されたままの境界標の場合、GPS位置情報の記録がなく、また法務局の資料自体が不正確な場合もあるため、 標準標の消失などの場合、復元が困難になってしまうこともあります。 また、境界標の復元には、隣地所有者との立会が必要となる場合もあるため、なかなかスムーズにはいかないケースもあるようです。 さらに、最近では地震があった際に、断層の横ずれなどで境界標の座標自体が動いてしまう、とったケースもあるようです。 国土地理院のホームページでは、地殻変動が起こったデータを公表しています。 <国土地理院>http://www.gsi.go.jp/ 一応、法務
欠陥・トラブル · 2019/08/01
最近、大型台風の発生が多く被害も甚大になってきています。 もし自宅のなにかが台風の影響で飛散、倒壊して他の人や物を傷つけてしまった場合の責任は 所有者の責任になります。 そうならない様に家の周りを見渡して飛散倒壊などで被害の出る恐れのあるものが無いか注意しておきましょう。 最近仕入れた情報をまとめてみました。 1.側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく 2.門扉は風で開いたり閉まったりしないよう頑丈なロープなどでしっかり固定しましょう。 3.庭の木の枝が敷地外にのびているようなら枝をしっかりロープで固定しましょう。(事前に選定しておくのも良いです) 4.玄関前や庭の置物や植木鉢など家の中にしまいましょう。(車が横転する程の風が発生することがあります) 5.雨量が多い場合、排水菅の逆流が起こる場合があります。 その場合は大きなビニール袋にお水を入れ袋の口は縛りトイレや洗濯機の排水溝や浴槽において置くと逆流が防げるそうです。 (これはテレビやラジオで仕入れた知恵です) 6.窓ガラスが割れても飛び散らないよう補強しましょう。(市販されている飛散防止フィルムも活用出来ます) ここまでは
欠陥・トラブル · 2019/07/20
危険な場所は 地形図で見分けましょう 台風や大雨、地震等による「土砂災害」「洪水」等、昨今自然災害が相次いでおり、自然環境もへんかしてきています。 災害は一瞬にして尊い家族の命や貴重な財産を奪ってしまうなど、私たちの生活に甚大な被害をもたらします。 土砂災害や水害は、自然災害の中でも、地形からある程度危険度を推測することができます。 住宅購入時には検討しているエリアのハザードマップや地盤の情報を確認しましょう。 「洪水ハザードマップ」「土砂災害ハザードマップ」で危険な地域に該当していないかを確認してみましょう。 住宅購入時には検討エリアのハザードマップを確認することをお勧めします。 (国土交通省ハザードマップポータルサイト https://disaportal.gsi.go.jp/ ) 日本は、地震や台風といった自然災害の多い土地柄なので、被災して人生に大きな影響を及ぼす可能性を検討せずに住宅購入を 進めてはいけません。 例えば、洪水ハザードマップの浸水予想図で、浸水予想深が1mを超えてくるようなエリアは、万が一の場合、 床上まで水が入ってくる可能性がありますので