カテゴリ:フラット35等住宅ローン



2019年12月のフラット35金利は、20年以下が0.96%、21年以上が1.01%と先月から0.04%増となりました。 大手銀行の動向については、代表的な固定期間10年の最優遇金利について、長期金利の上昇などを踏まえた措置で、 各行0.05%~0.10%の引き上げとなりました。 先月に続いて微増となっておりますが、超低金利水準は引き続き継続していると言えるでしょう。 【フラット35 12月実行金利】 借入期間15年~20年 0.96%(先月+0.04%) 借入期間21年~35年 1.01%(先月+0.04%) ※上記金利には団信特約料が含まれておりません。 〇10割融資の場合の金利上乗せが年0.44%から年0.26%に引き下げられました。 〇中古住宅の「適合証明書」の取得を省略できる物件が拡大されました。 ・築20年以内の長期優良住宅 ・安心R住宅で新築時にフラット35を利用した住宅 ・築10年以内で新築時にフラット35を利用した住宅 ・中古マンションらくらくフラット35に該当するマンション ・団体登録住宅 〇建設費・購入価額の上限1億円の制限がなくなりました。 制度改正に関
2019年10月のフラット35金利は、20年以下が0.86%と先月から0.01%増、21年以上が0.91%と先月から増減なしとなりました。 住宅金融支援機構が2019年9月20日に発表した、「第149回貸付債権担保住宅金融支援機構債券」の金利を見ると、 先月と変わらず0.150%であった。 2018年末から長期金利が下落  以上のことから、2019年10月の住宅ローン金利は、 ・変動金利は横ばい ・固定金利は横ばい~引き上げ という動きになりそうだ。  長期金利は、2018年12月から大きく下落している。2019年6月にマイナス1%の壁を割り込んでから、 今現在も復調していない。約3年ぶりの超低金利状態は来月も続くと思われる。  上乗せ金利(コスト)は、最近の水準では0.94%~0.97%程度のプラスに落ち着いている。  フラット35に関しては、2016年8月が0.9%だったが、これは団体信用生命保険が含まれておらず、 当時の団体信用生命保険料にあたる金利0.358%を加算すると、当時の本当の金利は1.258%となる。 2019年7月以降、これよりも金利が低くなっており、4
2019年9月のフラット35の金利は、20年以下が0.85%、21年以上が0.91%と先月から0.06%と大幅な減少となりました。 2016年1月末に発表された「マイナス金利政策」を受けて金利の下落傾向が加速、2016年8月長期金利が過去最低を更新しましたが、 今月の金利は2016年8月の最低金利以来の低水準で、歴代2番目に低い金利となります。 「FRBの利下げ」や「米中貿易戦争」の影響によって株価は大きく上下する一方で金利は一直線に低下しています。 今後の金利水準も日銀による「金利操作付き金融緩和=イールドカーブコントロール」で長期金利は「0%前後」にコントロール されていくと思われます。 「世界的な金利の低下傾向」の中、アメリカの長期金利は大きく低下していることが分かります。 アメリカの中央銀行であるFRBが突然「利上げの停止」を宣言したことには驚かされましたが、 7月末には上述の通りついに「利下げ」が発表されました。 そうした中で長期金利が低下するのは当然といえます。 こうした突然の利下げの背景にあるトランプ大統領の圧力はまだまだ止みそうになく、金利低下傾向はまだまだ続くとの
住宅ローン金利が、今下がってます! 今月のフラット35の金利は0.98%と史上3番目に低い金利となっています。 今月は大手都市銀行も軒並み金利を引き下げ、これから住宅購入を行う人にとってはとてもお得な時期と言えます。 ただ、住宅ローンの金利は、融資実行時の金利が適用されるので、例えばフラット35の場合、今から手続きしても 7月中の融資実行は難しいため、予め最低金利を狙い撃ちするのは現実的ではありません。 ※借り換えの場合で、事前に正式審査を済ませておいて、金消契約のタイミングを待つというのはあるかもしれません。 住宅ローンの金利は経済の動向に左右されるので、住宅購入をご検討の方は金融面での市場動向にもアンテナを張っておくと、 素早く判断ができると思われます。 さて、全期間固定のフラット35が1.00%を切るということは、ある意味異常事態と言えます。 <フラット35金利の推移データ> http://www.rchukai.jp/contents/kinri.htm 銀行の変動金利と数字だけ比べると、変動金利の方が少し安く見えますが、1.00%未満の固定金利との金利差
フラット35ってどういう仕組かご存知でしたか? フラット35を利用するには、住宅金融支援機構からの融資を受ける事になりますが、そもそも住宅金融支援機構の目的や フラット35の仕組を皆さんはご存知でしたか? 独立行政法人住宅金融支援機構は、一般の金融機関による住宅の建設等に必要な資金の融通を支援するための貸付債権の譲受け等の 業務を行うとともに、国民の住生活を取り巻く環境の変化に対応した良質な住宅の建設等に必要な資金の調達等に関する情報の提供、 その他の援助の業務を行うほか、一般金融機関による融通を補完するための災害復興建築物の建設等に必要な資金の貸付けの業務を 行うことにより、住宅の建設等に必要な資金の円滑かつ効率的な融通を図り、もって国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与するという ことを目的としているということです。 証券化支援業務が住宅金融支援機構の主要業務で、証券化とは、住宅金融支援機構が民間の金融機関から住宅ローンを買取り、 その債権を信託し、それを担保とした証券を投資家に発行することで住宅ローン買取りのために資金調達を行っています。 民間の金融機関は、住宅